2012-12-17

小金井ケイコ 個展 〜境界線〜エロスな巨大身体世界


2012年を締めくくるアモーレ企画展となります。ぜひご高覧ください。




◆ 小金井ケイコ 個展 〜境界線〜

「現代の洋画」でお馴染みの実力派公募独立展若手作家の静かで力強い作品は、どっしりと胸に響くようです。





PartⅠ:1217~23日(日)【紡ぐ】



*会場風景*


マル秘仕上げ中〜(汗っ)

丸窓を背に。

 浮遊する身体。



ド迫力。得意の巨作。






「むふふ。覗きに来てね!」
小金井





PartⅡ:12月24日(月)〜30日(日)






*一週ずつ展示替えでひとつのテーマです。






11時~19


・17日(月)、24日(月)



15:00開場

・23・30日(日)は17:00閉場




2012-12-16

LUNE★ヒトガタ芝居★御礼

LUNEヒトガタ芝居『夢想花』
2012.12.16 Sun


街灯に照らされた光景は幻だったのだろうか‥

普遍的な情念は魂と混然となり潜んでいた




集ってくださった皆様、誠に有り難う御座いました。
この一年も、支えてくださり心より御礼を申し上げます。

LUNE











2012-12-15







多くの皆様のご来場、春蔵絵の具お求めをありがとうございました!

◆『乙女と春蔵の絵具物語』展 SERIESⅠ







創業大正6年 国産老舗絵の具メーカー春蔵の絵の具を使って、色彩感性と技術の向上を目標とし、
参加作家さんには、制作風景、絵の具の使い心地をレビューして頂きながらアモーレサポートのもとに油彩の理解を深め、発表、考察する学びを重視した展覧会企画です。


小原 清楓 ちひろ 梨本柚子 近藤 恵津子 永田恵理

小金井ケイコ
「どの絵の具を使っても自分らしくなるのだなぁ‥」と気づけた。

Aco OBO 小金井ケイコ 梨本柚子
ノア 栗原 麻緒




sio. こうは しん










次回の「乙女と春蔵の絵具物語」出展作家さん募集中!



【出展要項】

創業大正6年 国産老舗絵の具メーカー春蔵の絵の具を使って、色彩感性と技術の向上を目標とする企画です。

参加作家さんには、制作風景、絵の具の使い心地をレビューして頂きながらアモーレサポートのもとに油彩の理解を深め、発表、考察する学びを重視した展覧会企画です。

発表会期/4月1日(月)〜6日(土)
出展費/12,000円(春蔵絵の具9色とメデュウム大セット付6500円相当)
指導のもとに進めていきますので油彩初挑戦の方でもご参加いただけます。

春蔵絵の具は時間をかけてじっくり取り組む絵の具です。
制作時間をとっていただきたいので、やってみたい!と思ったら吉日、すぐお申し込みください。

申込/メール、または直接アモーレ銀座galleryにてお問い合わせください。otomenogallery.ginza515☆gmail.com(☆→@)


意欲ある作家さまのご参加をお待ちしています!



2012-12-07

梨柚☆コーナー更新しました!



専属乙女作家★梨本柚子コーナーをお楽しみください♪


http://amoreginzagalleria.blogspot.jp/p/2012.html




展開図とロゼ•カラレイン
並べてみちゃいましょう。
こうなるんですね♪
ぽってりとした丸みが可愛らしい。





カラレインは男性にもおすすめ!
ピンクをお持ちの方もいらっしゃいます★


大事なあの人へのプレゼントにもぴったり♪

ぜひお手に取ってみてください。丈夫な骨太娘です。
カラレイン

公式サイト http://colorain.jp
ツイッター@COLORAIN_JP 

個展の度に新作をリリースします!


夏の個展 LONDON EYEでリリースしたのは‥
ロンドンアイ•カラレイン

今や、懐かしい‥
あのときはなんて派手な傘だ!?と感じたけれど‥
落ち着いて見えるのは気のせいですか‥?









2012-12-03

梨本柚子個展★ROSEロゼ★はじまりました!

まってました!
梨柚個展〜ROSEロゼ〜


2012123()9()

梨本柚子展

~ROSE ロゼ~

見に来てね♪

 華やかにデビューした8月の梨本柚子展~LONDON EYE~から4ヶ月・・・

アモーレ銀座ギャラリー専属作家となった水彩作家梨本柚子が、
第二弾、鮮やかな冬の抽象風景展~ROSE ロゼ~をお届けします!



「ロゼの香りに誘われて・・・
導かれるのは優しく甘い
異国のあかり灯る部屋。

心地よさにいつの間にか酔い
眠りにつくと・・・
熱を帯びた身体がみるのは
ロゼ色の景色。
それは記憶か夢かそれとも・・・」



冬のロゼに浸り、
異国の風景を旅しにいらしてください。

作家在廊予定:
[終日月・土・日
[13:00~19:00] 火~金  




これは何でしょう?

赤い 黄色い 猫? 

風ぐるま?




答えは傘の展開図です!


傘のブランドCOLORRAINのプロデューサーでもある梨本さん。
今回の個展ROSEロゼのイメージ作品ロゼの部屋が傘になりました!



NEW!
ROSEロゼな傘リリース



この鮮やかなロゼ色ちゃんがどんな傘になるのかしら?!

会場に見に来てね♪
さしてみてね!







2012123()9()
梨本柚子展
~ROSE ロゼ~













作家在廊予定:
[終日月・土・日
[13:00~19:00] 火~金  



2012-11-29

ようこそアモーレ展〜全国から集うアモーレ期待の女性作家たち〜


ようこそアモーレ展
〜全国から集うアモーレ期待の女性作家たち〜





11月26日(月)〜12月2日(日)
11:00〜19:00
*初日12:00〜、最終日17:00まで


今会期では、アモーレ期待の作家をご紹介しています!
DMは遠い空の彼方に煌めく星たち(素敵な作家さん)をアモーレにお迎えする★というイメージです。

アモーレ銀座ギャラリーは、遠方の作家さんの活動の窓口としてお役に立ちたいと願います。
文化と美術の歴史ある銀座に、発表する拠点があることで作品に打ち込むことが出来ると考えてます。
作家さんが在場できなくても、アモーレスタッフが自身の作品のように愛情を込めて作品の意図、作家さんの指針をお伝えしご紹介して参ります。
ご来場の皆様、ぜひ感じた事、作品に対する率直なご感想を頂けましたら幸いです!









アモーレ期待の作家たち



黒﨑 加津美
Komayu
limbo
永田 恵理
宙平 和子
長谷川 千晴
黒江 湖月
梨本 柚子
OBO
Noah
成田 朱希






作家さんお一人ずつ作品•メッセージを紹介しています!
ぜひ、この記事からさかのぼって11人分ご覧ください。

原画が観たくなるでしょうっ!

アモーレにてお待ちしています★


黒﨑 加津美さん 作品•メッセージ




黒﨑 加津美


KUROSAKI Katsumi



掛け軸型「Alice-R」「Alice-L」



36.4x90cm 油彩







「花の子a」   「花の子b」



油彩 F6




昔から私の中では、空虚な焦燥感が心を支配していました。私は、体の中身が空っぽのよ うな意識と、千切れて粉々になりそうな心を抱えた子供だったのです。大学時代には立体 作品を主に制作していました。それも子供の頃からの空っぽの中身や悶々とした思考を具 現化するものでした。そして、大学を卒業して始めた絵画も、どこか空虚なものを抱えた 人物が題材でした。「空虚」とは、自己の確立がなされていない子供特有の、確固たる芯 のようなものがまだ出来ていない未熟感から来る焦りだったかもしれませんが、私は大人 になっても空虚なままなのです。そして、少女の心のまま成長が止まった大人が見た世界 の絵を描き続けてきました。

一般的に、人は過去の経験や想いを背負って存在しているように私は思います。全ての過 去は今の自分を作る為に必要な出来事なのです。しかしそれらは忘れ去られている場合も 多く、その中には、例えば、飼っていた犬が死んだ時の自己の延長に対する喪失感や、意 地を張ってついてしまった小さな嘘に対する罪悪感など、ささいな事かもしれないですが 本人にとっては忘れてしまうのは惜しい事もあるでしょう。過去というのは、本人にしか 分からないもので、本人しか慰めてやれないものなのです。鑑賞者が私の作品を通じて過 去へと戻り、又過去の弱い自分を赦したい気持ちが起こってくれることを、私は心から 願っています。

現在は千切れた少女の一部を連作で描いています。それは見る者によっては悲しみを感じ るかもしれませんが、美しい少女です。ただそれが、少女の頭だけであったり、手足だけ であったりするだけです。美しさと儚さは、過去の思い出とよく似ています。それは、記 憶の断片とは完全な姿ではないと思うからです。 つぶやくように描かれた私の世界、それは 「神秘的な過去に、おぼろげな人生の始点を 包み込む*」ような優しさを包含した空間で、鑑賞者が過去に来てしまったように感じる 展示を提供していきたいと考えております。




受賞暦 
2005年 青木繁大賞展 入選 2005年 スペイン美術賞展 入選 2011年 カメラのキタムラフォトコンテスト キタムラ賞
アーティストインレジデンス 2011年  Espace des ARTS SANS FRONTIERES, Paris, France
企画展示
2012年 KIRAKIRA -twinkle twinkle little star- act1,Gallery one twenty eight , NY, US
2012年 Japan Edge, Galerie Metanoia, Paris , France
2012年 Berlin Art Festival , GALERIE DEN , Germany
2011年 福岡フォトフェス、 アクロス福岡、日本
2011年 une certaine atmosphere de complicite,Espace des ARTS SANS FRONTIERES, Paris, France
2004年 青木繁大賞展 石橋美術館、日本 2004年 スペイン美術賞展 palacio de exposiciones de Santander , Spain
個展 2008年 『colors of light  アクロス福岡、日本
学歴 東京藝術大学 大学院 漆芸専攻終了 東京藝術大学 美術学部 工芸科卒業
言語 日本語  英語 TOEFL CBT スコア220



Komayuさん 作品•メッセージ



          komayu (こまゆ)                       呼吸


                                                                                                              


    しるし                                                               wisdom                          五十鈴の音




(スタッフとのやりとりの中から、この方の世界観を垣間見ました。少しだけご紹介)






見えない世界の勉強を重ねてきまして、自分の天命もうっすらと見えてきました。
それは広い世界のことと繋がっていて、とても抽象的であり、私の情熱の源はそこにあります。

ですから、何かを行うときには、結果よりも動機、関わる方との縁の意味のほうが私にはかなり重要なことなのです。
普通の思考の順序とは逆ですが…^^;

マヤ暦をご存知でしょうか。
地球滅亡の年、と騒がれている発端のマヤ暦ですが、その騒ぎとマヤ暦の伝える真実は全く違い、物質主義社会が終わる5125年という大きなサイクルが終わる、節目であるだけのことなのです。

精神と物質が切り離された5125年は幕を閉じ、これから始まる時代はその融合です。
物質主義社会はどんどん崩れ、今から、人類に文化は必要不可欠です。これから日本に起こることは変革です。
私も、その学びを深める仲間の方々と共に、動きの一端を担おうと決心しています。
政治を変えるとか、国の制度を変えるとかいったことでなく、人々の意識の革新です。
東洋と西洋の融合というキーワードもあり、私もいずれ西洋の方に動かされるかもしれません。
まだまだ自分が表現するべきものを、ひとつの画面に表しきれていないのですが、そこに到達できるよう日々鍛錬致します。

- Komayu -